翻訳会社はどこがいいの?

翻訳サービスを効果的に利用しましょう

企業の活動がグローバルになっている現在では、あらゆるところで文書の翻訳が必要になります。

最近では、日本の取引先も英語圏だけでなく多様になっており、あらゆる言語の翻訳が必要になります。企業内に翻訳ができる人材がいればよいのですが、中小企業ではかなり難しいでしょう。その場合翻訳サービスを利用することになります。一般的な文書で簡単なものなら(例えば貿易手続きの定型文など)、インターネットの翻訳サービスや翻訳ソフトでも十分ですが、お客様へのプレゼン資料や契約書類、品質回答書などは翻訳専門の会社に依頼する方が無難です。

翻訳の専門の会社の場合でも、会社によって得意な言語と不得意な言語があるのでよく確認して依頼することが重要です。又、自分の会社と同じ業界への翻訳実績があるかどうかも確認したほうが良いでしょう。ビジネスには専門用語がつきものですが、その業界に精通していないと間違った翻訳をしてしまう場合があります。口コミを確認するか同業他社などから紹介を受けるのも有効です。

翻訳サービスの価格ですが、数社に見積もりを確認し標準的な見積もりの会社を選択してください。あまりに高すぎるところは、依頼した言語が不得意で断るための見積もりを提出している場合があり、安すぎるところは翻訳ソフトを利用していたり、契約している翻訳者が優秀ではないことがあります。一度依頼して問題なければ同じ会社の同じ翻訳者に継続依頼していくと、こちらの事情も十分把握した上で翻訳してもらえる様になるので便利で確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *