翻訳会社はどこがいいの?

翻訳サービスを依頼するに際しての注意点です

翻訳サービスを提供している会社は、世に多くあります。

その質や料金も千差万別と言っていいでしょう。多くの会社の中から自社の求めている翻訳サービスをしてくれる会社を見つけ出すというのは、実はかなり困難なことと言わなければなりません。汎用的な品物を買うのであれば、価格だけに注目して最も安いところを選べばいいのですが、あまりに安価な翻訳サービスを利用すれば全く使いものにならないものが納品されることとなるのです。

翻訳サービスをめぐってはさまざまな問題点があります。納品された文章を見ると、一見正しく翻訳されているように見えるのですが実際の利用に耐えないものも少なくありません。よくあるのが、プレゼンテーションの資料の翻訳で文章部分は正しく翻訳が行われているものの。訴えたいことが全体からは伝わってこない資料になってしまっている、というものです。これは、その分野に関する専門知識を持たない翻訳者が、直訳に終始したことによって起こるものです。

あるいは、極めて基本的な部分での文法上のミスが多発しているとか、翻訳文の全体の文章を通して言葉が不統一であるという仕上がり品が納品されることも珍しくありません。本来であれば、ネイティブチェックを適切に行っていれば十分に防げるものです。もしくはトレーニングが十分に積まれていない在宅スタッフが担当したという可能性もあるのです。いずれにせよ、品質の高い翻訳サービスを手がけるとの意識が希薄だと言われても仕方ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *