翻訳会社はどこがいいの?

クラウドソーシングでの翻訳サービス

翻訳サービスには様々なものがありますが、クラウドソーシングによっても翻訳ができることをご存知でしょうか。

クラウドソーシングとは、不特定多数の翻訳家に案件を発注できるサービスのことです。クラウドソーシングそのものは翻訳以外の案件も発注することができます。例えば、インターネットサイトのデザインや文章のライティングなどを発注することが可能になっています。そういったクラウドソーシングのサイトを利用することによって、翻訳を依頼することができます。

案件をサイト上に公開し、納期や報酬の単価等を記載します。それらの情報を見た翻訳家たちが案件にオファーをしていきます。発注者はどの翻訳家が最も良い仕事をしてくれるのかを調べ、信頼できそうな人に発注します。このクラウドソーシングによる翻訳サービスの特徴は、直接翻訳家とやりとりができるため中間マージンを省くことができる点にあります。

これまでは翻訳会社が仲介手数料を取ってきたのですが、クラウドソーシングを使うことで中間マージンがなくなり従来よりも安く翻訳案件を発注できます。コストカットができるのがメリットとして知られていますが、最も相性の良い翻訳家を自由に選べるのも大きなメリットと言えるでしょう。スピーディーな納品も依頼することができますので、クラウドソーシングの翻訳サービスを使えば起動的な利用が可能となります。急な翻訳案件が発生した場合にも重宝するはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *