翻訳会社はどこがいいの?

翻訳サービスの質を上げる事が景気にもつながる

日本は観光立国を目指してしますから、翻訳サービスの質をあげるという事を考える必要があります。

今はモバイル端末のみの進化に頼るというような事になっていますが、それだと観光地の地元のサービスを快適に利用してもらうというようなところまで出来ません。検索エンジンの会社が提供する翻訳サービスは大量のデータを必要とするので、標準語のようなものでないと、なかなか上手く翻訳をする事が出来ないわけです。地方の都市の観光地で夜に食べ歩くというような事をしてもらう事が出来るぐらいに、翻訳サービスの質が上がらないとなかなかこれから景気を良くする事も難しいと考えられるという事です。

何しろ、今の観光ビジネスはほとんど全て過去の遺産におんぶにだっこというような事になっているのが問題だと考えて良いでしょう。これはある意味ではギリシャに似たような状態だと考えると分かり易いはずです。ギリシャは過去の歴史的な遺産を活用しての観光で成長した国でしたが、あまりにもそれに頼りすぎたために、人がルーズになり働かなくなって、新しい価値を作るという事をしなくなったので、経済危機を招くというような事にもなったといえるでしょう。

つまり、新しいものを造る事を止めてしまったという事です。日本もこのような前例に倣う事無く、自ら律するという事を考える必要があります。何しろ、世界は常に競争をしている状態ですから、少しでも足を止めれば簡単に追い抜かれてしまうという自覚が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *