翻訳会社はどこがいいの?

自動翻訳サービスをうまく使う

コンピューターによる自動翻訳サービスを使っている人もいるでしょうが、例えば日本語から英語に翻訳するときにどうしても変な英語になってしまうという悩みを持っている人も多いかもしれません。

やはり翻訳サービスは所詮は機械であって、人間のようなこなれた翻訳を求めるのは無理な話なんだろうと割り切っている人もいたりします。確かにそういう側面があることは否定しませんが、これはちょっとした工夫で大いに改善する可能性があります。それは、日本語特有というか、日本人には十分に意味は通じるけれども、直訳すると英語としては意味不明になってしまうような文章をそのまま翻訳サービスに入力するのではなくて、ある意味で日本語を日本語に翻訳してから英訳するようにすることです。

例えば、日本語は結構主語がなくても意味が通じたりします。あるいは、一見して主語のように見えても実はそれは主語ではないということもあります。このような場合に英語に直訳すると意味が通じなくなってしまうのはよくあることで、そのような主語のない日本語の文章について、まずは自分の頭の中で主語を補ってやることで英訳してもすんなりと意味が通る文章になりやすくなります。

主語は大きなポイントの一つですが、その他にも文章の構造自体も影響しています。ある意味で、英語の直訳的な日本語文章はどういうものかを考え、まずはそのような日本語に変換してから英訳することでこなれた英語になることがよくあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *