翻訳会社はどこがいいの?

ビジネス向け翻訳サービスの利用法

グローバル社会で中小企業でも海外との貿易取引を行ったり、海外からの日本観光客が増えるなど日本製品も外国人からの注目を集めるようになるなど、伝統的な工芸品を作っている老舗でも外国語と無縁ではいられません。

日曜会話のコミュニケーションは楽しいものですが、外国人に正確に物事を伝えるには翻訳サービスの活用が効果的です。とくにビジネスでは約束事がお金に直結するため、小さなニュアンスの違いが大きな間違いにつながってしまうことも起こりえます。また、法律用語や経済用語・業界用語や学術用語などの専門用語は外国語で固有名詞化している場合があるため、正確を期すためには語学だけでなく母国語での知識があると安心です。

そこで、ビジネスで翻訳サービスを利用する場合はコストよりも品質=クオリティに着目し、過去に利用したことがある場合は同じ相手を繰り返し利用することがおすすめです。前回利用時に安心してサービスを受けられた場合はもちろん、何か不安があった場合でも同じ経験を共有していれば間違いを繰り返す心配はありません。なお、同じ業界であれば専門用語や知識を共有できるため、同じ翻訳サービスを複数の同業者が利用している可能性があります。

ビジネスのモラル・マナーとしては職業上知りえたことを他社に伝えることは好ましくないですが、モラルやマナーにとどまらず守秘義務契約の締結が有効です。ところで、翻訳サービスは個人のスキルがポイントのため、会社組織ではなく個人事業者も少なからずあります。会社が個人事業者に翻訳料を支払う場合は源泉徴収義務があるので注意します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *