翻訳会社はどこがいいの?

オフィスで使えるビジネス文書の翻訳会社の見つけ方

オフィスで良い翻訳会社を探し出すために気をつけたい3つの条件はスピード、料金、高品質です。

最初に、翻訳があまりに迅速な場合は、翻訳作業の手順を省略している場合があります。確認すべきことは、翻訳後にネイティブチェックをしているかです。次に、料金格安に気をつけることは、機械による自動翻訳とあまり差のないレベルでは格安とはいえないことです。あきらかに翻訳分野の用語を理解していない場合もあります。最後に、高品質でないというのは、翻訳をした文書に後で大量の手直しや確認が必要となるというレベルの低い翻訳のことです。これらの3つの条件について比較しないのでは、スピーディで格安、正確な翻訳かどうかはわからないわけです。

良い翻訳会社とは、ただ翻訳ができるというだけではなく、海外のビジネス事情に詳しく、オフィスをサポートするブレーンとしての役割も果たすことのできる会社です。オフィスで翻訳するビジネス文書で最も多いのは、仕様書・取り扱い説明書です。内容に間違いがあれば差し替えが必要となります。もっとも注意が必要なのは、契約書です。経験豊富な翻訳会社はビジネスに関わる契約内容に不審な点があれば注意してくれます。

財務諸表やIR情報は、国によって異なるまとめかたを知っていると良いです。特許文書は高度な専門知識が必要です。翻訳会社を探すには、規模や実績の比較をしてみます。翻訳は特定のジャンルに強い中小企業が活躍しているジャンルですので必ずしも大手企業が良いというわけではありません。規模よりも実績を選びましょう。特定のジャンルに通暁している企業を選べば、格安であることよりも価値のある現地知識と経験いうサポートが受けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *