翻訳会社はどこがいいの?

翻訳サービスビジネスでのオフィス

翻訳サービスビジネスでのオフィスですが、特に重厚な設備も広い環境もあまり必要ではありません。

翻訳サービスビジネスで一番物を言うのは当然ながら翻訳者のスキルや経験であり、これはオフィス環境とは特に関係がありません。スキルや経験を別にすれば、必要なものとしてはPCくらいのものでしょう。実際の翻訳サービスビジネスを受注するためには、メールやインターネット環境が必要ですし、また翻訳の作業もPC上で行うことが普通です。ですから、インターネットと、インターネットに接続されたPCはまず必須です。

言い換えればそれだけあれば最低限の仕事は可能です。翻訳をするためには、いくらプロであっても辞書やその他の関連資料が全く無くても可能という人はほぼいないでしょうが、そのような資料なども別に紙文書として持っておくことが必須ではなく、電子版のものであっても構いません。つまり、広いオフィススペースは必要ないということです。

つまり、別に自宅や自分の部屋であっても仕事を始めることは十分にできます。ただ、そのようにすると仕事とプライベートの区別が付きにくくなり、ごく片手間に副業的に行っているうちはまだしも、本格的に翻訳の仕事を行うようになるとかえって精神的に疲れるという人も増えてきます。こういう場合はしっかりとメリハリを付ける意味でもプライベートの場所と仕事をする場所とをはっきりと区別したほうが良いこともあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *