翻訳会社はどこがいいの?

マニュアル翻訳を行う翻訳会社について

日本語のマニュアルを英語やその他の言語に訳さなければならない場合に力になってくれるのが翻訳会社です。

但し、どこでも良いわけではなく、マニュアル翻訳の実績があることに加え、対応可能な言語がニーズに合う翻訳会社であることが求められます。マニュアルには一般ユーザーが使う取り扱い説明書と修理やメンテナンスに利用するサービスマニュアル、もしくはメンテナンスマニュアルなどの種類があります。

電化製品を購入すると必ず製品の使い方が記されている取り扱い説明書が添付されています。この説明書は初心者が読むもので、内容そのものは分かりやすく解説が行われているのが特徴です。そのため、翻訳者すべてが内容を理解することができます。これに対してサービスマニュアルは修理時にサービスエンジニアなどの専門家が読むもので、限られた翻訳者でなければ日本語を英語に訳すことはできません。取り扱い説明書は製品を販売する国に合わせた言語翻訳が必要になります。

一般的には英語のマニュアルがあれば良いのですが、発売国によっては中国語や韓国語などのアジア圏の言語、フランス語やドイツ語、スペイン語などに加えて、イタリア語やオランダ語などでの発行が求められるケースもあります。英語だけであれば翻訳会社の大半は可能にしても、英語以外の言語についても対応ができる翻訳会社を選んでおくことで、必要な言語すべてを1社に依頼ができるメリットに繋がって来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *