翻訳会社はどこがいいの?

翻訳会社なら頼りになる

翻訳会社は、異なる言語間の翻訳を代行するサービスを実施する企業です。

企業によって翻訳している言語は異なりますが、定番の日本語や英語はもちろん、中国語やロシア語など複数の言語に対応しているのが一般的です。どのような形で翻訳しているかというと、各言語を母国語とするネイティブが翻訳を担当しているのを筆頭に、語学検定などで裏打ちされた一定の言語能力を持つスタッフが担当しています。専門的な知識が求められる文書などの場合に備えて、いろいろな分野の専門家と提携を結んでいることもめずらしくありません。

翻訳会社ではいろいろなレベルの依頼に対応できるように、しっかりと準備しているのが通例です。どのような立場の人が翻訳会社に仕事を依頼するかといえば、たいていの場合はビジネス関係になります。海外に進出したいと検討している企業や、海外企業と契約書を交わしたいが相手の国の言語がわからない場合などがよくある例です。ビジネスで用いる文書の場合、機密性の高い内容がふくまれることもよくありますが、翻訳会社では機密保持契約を結べるのが通例なので情報がもれるリスクはありません。

どのような場面で読まれる文章なのか把握したうえで翻訳してくれるので、格式の高い表現からカジュアルな表現まで依頼主の要望に応じて対処してくれます。サービスに必要な料金設定は企業によって異なりますが、文書の長さや専門性の高さが影響します。締め切りまでの時間を短く設定すると割増料金になるのが通例です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *