翻訳会社はどこがいいの?

クロスチェックによる校正が可能な翻訳会社

翻訳会社に仕事を依頼すると必ず校正者によるチェックが行われ、品質向上を行います。

翻訳者が作成した原稿には入力ミスもあれば、中には翻訳漏れなどもゼロではありませんので、納品前に校正作業はとても大切なことです。さらに、分量が多い時などは数名の翻訳者が手分けを行い作業することになりますが、文言や文末表現などはそれぞれが独自に行うので、全体の文章内に複数の文言や文末表現が現れることも少なくありません。

文言および文末表現の乱れは翻訳品質を悪くする要因で、一人の翻訳者が行った場合でも文章量が多い時には起こりやすくなるので、校正者がこうした部分のチェックも行う必要が出て来ます。翻訳依頼は、クラウドソーシングサービスの発達によりフリーランスの翻訳者にも行うことができますが、フリーランスの場合は自らが翻訳を行う、完成したものを自らが校正するなどで、見逃してしまうケースもゼロではないのです。

その点、翻訳会社の場合は翻訳者と校正者が異なるのが特徴で、これをクロスチェックと呼びます。クロスチェックはいわゆるダブルチェックですから校正の品質も高くなるなど依頼者側への安心に繋がります。翻訳会社の中には必ずしも翻訳者がいるとは限りません。特に、幅広い分野の仕事ができる場合には外注スタッフが多数登録されていて、外注スタッフへの仕事の指示は翻訳会社の翻訳コーディネーターが行うなど、それぞれに役割分担が設けられているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *