翻訳会社はどこがいいの?

翻訳会社のニーズは今後どうなる?

翻訳会社の仕事は、他言語によって書かれた単語や文章を他の言語に変換・翻訳する事です。

映画字幕翻訳や小説翻訳などが連想されがちですが、実際はビジネス文書や学術書・マニュアルなどの翻訳の仕事のニーズが高まっています。これは、経済状況のグローバル化により契約書や論文などが、多くの国の言葉で必要となったからという背景があります。こういった事情により翻訳会社へのニーズは高まっていますが、現在はクラウドソーシングに依頼するなど他の安価なサービスを頼る会社が出てきています。

副業の自由化によって値崩れしているケースもありますが、学術論文などの専門分野においてはまだまだ翻訳会社の需要が高い状況です。翻訳会社を依頼するメリットは様々なものがあります。どのような言語でも、地域特有の文化・文法を有しており直訳だけが正しい翻訳とは言えません。慣用句やことわざなどは、文化について詳しい知識がなければ正しく翻訳する事は不可能でしょう。

文書の流れが不自然な場合、読み手側には大きなストレスがかかってしまいます。特にビジネス文書には専門用語が多く、マニュアルの場合は一貫性を持たせて翻訳を行う必要があります。日本においては特許申請や仕様書・契約書の分野において翻訳会社の力を借りるケースが多く見受けられますので、今後翻訳の世界を目指すのであれば専門性を高める必要があると言えるでしょう。研究論文の発表などの場合には、特定の言語で書かねば審査されないという事もあり、こういった場面でも翻訳の技術が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *