翻訳会社はどこがいいの?

翻訳会社の構成をご存知でしょうか?

ビジネスは世界への進出が課題になっている企業も多くなっていますが、海外への進出を図る時にはホームページの多国語化や会社案内などのパンフレット類の翻訳などが必要になり、翻訳会社への依頼をするケースも多くなります。

ちなみに、日本の中には大企業から個人経営までを含めると、翻訳会社の数は4、000社を超えるとも言われており、この数の中から1社を選ぶことはかなりの労力を使うことになる、どのように選ぶべきか迷うケースも少なくありません。但し、業界の仕組みなどを理解しておけば、それほど難しいものではありませんし、身近な場所に気軽に依頼ができる会社を見つけることができるかもしれないのです。

翻訳業界は産業と出版、映像の3つの分野に分かれているため、この業界の違いを知ることで4、000社の中から絞り込みができます。さらに、それぞれの会社には得意分野があるので過去の制作事例をチェックすることで依頼者側が希望する翻訳品質を高めることもできるようになるわけです。翻訳会社の構成を把握しておけば、少人数の会社でもニーズに合う仕事をして貰えることが分かるため、大企業でなければできないと思われがちな仕事も、小さな会社でも可能なケースが出て来ます。

翻訳会社は個人事業で経営されている個人事業主から中小の会社、大手など幅広くありますが、大半の場合が営業担当者や翻訳コーディネーター、翻訳者や校正者などの構成になっているのが基本です。但し、個人事業主などの場合は、1人で4役をこなすケースもあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *