翻訳会社はどこがいいの?

翻訳会社は3つの翻訳業界の何れかに分類されます

ウェブサイトの多言語化が必要になった時、翻訳会社に頼めばコーディングまでお願いができるので便利だと考える人は多いのではないでしょうか。

コーディングはHTMLを直接翻訳するもので、納品される翻訳原稿は既にホームページに使える状態になっているため、後から作り替える手間を省けるメリットがあるわけです。しかし、希望通りの仕事をして貰える翻訳会社はあまりにも多くあるので、どのように選ぶべきなのか迷うケースも少なくありません。そもそも翻訳業界には産業関連、映像関連、そして出版関連の3つの分野に分かれており、ホームページの翻訳を依頼する場合は、産業関連の中に位置づけが行われている翻訳会社を利用することになります。

映像関連に位置づけされている会社は、主に映画やDVDなどに使用される字幕部分を担当しているもので、海外作品を日本語に置き換える際に、字幕を英語やドイツ語などから日本語に訳します。また、吹き替え用の原稿などを作成することもあるなど、業界の中ではそれほど多くはありません。

出版関連に位置づけされている翻訳会社は、主に出版物をメインにしているもので、既存の書籍の翻訳作業やこれから海外で出版する本の英語化などを手掛けている会社です。ビジネス文書を始め、ユーザー向けに発行する取り扱い説明書、修理に使うサービスマニュアルなどの日本語原稿を多国語化する時には、産業関連に位置づけされている翻訳会社の中から品質や料金、納期などを加味して選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *