翻訳会社はどこがいいの?

翻訳会社の使い方と注意点について

翻訳の需要が高くなる現代において、自社内での翻訳には限界を感じている企業担当者も多いのではないでしょうか。

そもそも翻訳の業務は本来の仕事ではなく、対応しなければならないために自社内で行っているケースは多いと言えましょう。仮に、翻訳を専門に行うような部署があれば別ですが、一般的な会社の場合にはこのような部署はありませんので、社内で行う場合には翻訳の経験者を利用するなどが一般的です。しかしながら、経験を持つ従業員は自らの仕事を持っているわけですから、頼まれれば仕事の合間に行う程度であり、あくまでも本業を中心にした業務遂行を行うのが普通です。

オーバーワークになってしまえば、翻訳経験を持つ従業員だけ多くの残業が発生するなどコンプライアンス的にもよろしくありません。翻訳会社を使うことで仕事が特定の従業員に集中することを防止できるメリットがあるかと思われますが、ビジネス文書であるのか、それとも技術的な内容が記載してあるドキュメントを翻訳するのか、目的に応じて翻訳会社の選び方も変わって来ます。技術的なノウハウが必要な文書を英語やその他の言語に訳す時には、元の文章にはどのようなことが書いてあるのかを把握できなければ訳すことは難しくなります。

翻訳会社は多言語の仕事ができたとしても、特定の分野に精通しているか否かで依頼の可否も変わります。新しい翻訳会社を選ぶ時などは技術的なことを熟知している翻訳者がいるのか、実績などをチェックしておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *