翻訳会社はどこがいいの?

大切なビジネス文書は翻訳会社にお願いして日本語訳を

社会全体の国際化がここ数年で劇的なスピードで進んでいます。

ひと昔前と比較して、明らかに現代の方が国際交流が盛んになっており、それは一般の商社も例外ではありません。以前は大手商社に勤めていても、いわゆる海外事業部に所属しているビジネスマンが主に海外のクライアントと交渉を進めていました。ところが近年では一般的な部署に所属するサラリーマンの方々も、日常的に海外のクライアントと商談を進める時代です。大手企業の中には社内公用語を英語にする会社も現れており、今後もグローバル化の波は加速的に浸透していくでしょう。欧米諸国のビジネスマンが執筆するEメールやビジネス文書は当然ですが、英語やフランス語などで構成されます。

外国語を大学で専攻していた方ならスムーズに訳せるかもしれませんが、まだまだ普通のサラリーマンには重荷な作業です。重要な文書やメールの日本語訳を間違えてしまったら大変ですので、重荷だと感じた時点で翻訳会社に問い合わせましょう。翻訳会社への依頼は簡単で、EメールやWEB上に設置された問い合わせフォームから可能です。外資系企業に勤めていたエリート、留学経験が豊富なプロ、米国の企業で働いていたキャリアを持つ翻訳家など翻訳会社には現代のビジネスと欧米諸国の社会を熟知した方々が勤務なさっています。

いわゆる日常の打ち合わせレベルならアマチュアでも比較的簡単に和訳出来るかもしれませんが、誤訳が許されない契約書や重要なプロジェクトに関するEメールの返答などは、正確な日本語訳をしてくれる翻訳会社へ預けた方が賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *